読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あっちこっちの空模様

あれこれ適当に綴ります

とと姉ちゃん主演 高畑充希がスタジオパークでオーディション秘話を語る!

NHKの朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』が始まりました。

 

第1話を観ましたが、面白そうでした。

 

主演の高畑充希さんが『スタジオパークからこんにちは』に出て、撮影秘話などを話していたので、

その中から興味深いエピソードをいくつか再生します。

 

番組の司会はNHKアナウンサーの有働由美子さんというイメージでしたが、

たぶん、かなり前なのかもしれません。

 

女優の高畑淳子さんが司会されていて、同じ高畑姓ということで、

充希さんも淳子さんもそれぞれ、親子ですか?と聞かれることが多いらしく、

番組への質問でも同様なのが来てるとのことでした。

この事に関しては淳子さんが、「顔の大きさが違うでしょ、ウチの家計は大きいでしょ、息子も…」と冗談を交えて否定されてました。

 

高畑充希さんはオーディションを受けて2564人からヒロインに選ばれたそうです。

 

オーディションではヒロインだけでなく、脇役も選抜していくそうで、

高畑充希さんは、2013年の『ごちそうさん』(主演 杏さん)のオーディションも受けて、役をゲットしています。

 

因みに、ごちそうさんのオーディションが、朝ドラでは3回目だったそうです。

当たり前ですが、みなさん苦労してのし上がって行くんですね。

 

あと、過去に実績のある俳優でも、優遇してくれないんだ!という驚きがありましたが、

高畑充希さんは淡々と 当たり前ですよ〜みたいな雰囲気で、語っていました。

 

 

 

 

 

 

 

オーディションでは5人でグループを作り、事前に渡された台本で芝居をやらされるので、4人分の台詞を頭に叩き込んで望んだそうですが、

当日、「じゃあ高畑さんは4人をかき乱してください」と言われ「えーっ!」って思ったそうですが、覚えた台詞を全て忘れてやったら、他の俳優も助けてくれて、ちゃんとお芝居として成立したそうで、面白い経験だったと語っていました。

 

また、ヒロインの小橋常子が活発で、走ることが多いので、運動神経の良い人を求めていたようで、

オーディションでスキップしてくださいとも言われたそうです。

 

スキップは出来るそうですが、運動神経が悪いと言っていました。

 

下手過ぎて、学生時代はバスケットボールをやったりすると「充希がバスケするよ〜(((o(*゚▽゚*)o)))」とギャラリーが集まるほどだったそうです。

 

元々、ミュージカルでピーターパンをやってたので、運動神経は良すぎるくらいだと思い込んでいました。

 

いつかアメトーークの運動神経悪い芸人に出て欲しいですね。

 

高畑充希さんといえば、ミュージカルのせいか、CMでも歌っていたりするので、

歌のイメージが強いのですが『とと姉ちゃん』では歌のシーンはないと言ってました。

 

宇多田ヒカルさんの主題歌については、高畑充希さんも大ファンで、カラオケに行くと必ず歌うとのこと。

そんな大好き過ぎるアーティストなので、第1話の放送を観るまで、嘘かも知れないと思っていたそうです。

 

こんな感じで、終始笑顔のスタジオパークでした。

 

とと姉ちゃんの子役 内田未来は梅ちゃん先生でもヒロインだった! - あっちこっちの空模様